PolygonGraffiti

「自分には3Dモデリングは難しい」と思ってませんか?
大丈夫! そんなことはないですよ!
PolyGraであなたも達人3Dモデラーデビューしましょう!

ホンの2・3ステップで、あなたの作りたい物が出来上がってしまいます。
え? うそっぽいですか?

じゃあ、ちょっとこちらをご覧下さい!
PolyGraを使うとどんなに簡単かはすぐに理解できますよ。 🙂


プレイムービー


スクリーンショット



操作方法

メイン画面
この画面にポリゴンを置いていきます。
四隅それぞれにメニューがあり、タップすることでサブメニューが開きます。

メニューの詳細

Shape Palette(形状パレット)
置きたいポリゴンの形を選択できます。
配置モードで画面をタッチすると、そこに選択されている形のポリゴンが置かれます。

Color Palette(色パレット)
ポリゴンの色を選択できます。
ペイントモードでポリゴンにタッチすると、選択した色に塗られます。

Tool Palette(ツールパレット)
PolyGraでの操作を選択できるパレットです。

Put(配置)
配置モードでは、タッチした場所にポリゴンを置けます。
置かれるポリゴンの形は”Shape Palette”(形状パレット)で選択している形です。
置かれるポリゴンの色は”Color Palette”(色パレット)で選択している色です。
Delete(削除)
削除モードでは、タッチした場所にあるポリゴンを削除します。
もし、画面上のすべてのポリゴンを削除したい場合は、システムメニューから”Delete All”(全削除)するほうをお勧めします。
Change Viewpoint(視点変更)
視点を変更します。
作成にあたり、様々な方向から確認しながら作ることはとても重要です。
Paint(ペイント)
タッチしたポリゴンに色をつけます。
どんな色でもいいんです。あなたが好きなように塗りましょう。 🙂
Move(移動)
タッチしたポリゴンをスライドして移動させることが出来ます。
Rotate(回転)
タッチしたポリゴンをスライドして回転させることが出来ます。
Resize(拡大・縮小)
タッチしたポリゴンをスライドして拡大・縮小させることが出来ます。
大きさには限度がありますが、小さいポリゴンは選択しづらいので注意してください。

System Menu(システムメニュー)
保存や読み込みなどの作品全体への操作が含まれています。

Delete All(全削除)
すべてのポリゴンを削除します。
注意して使ってください。
Synthesize(合成)
作品と写真との合成を行います。
Save(保存)
作品を保存します。まめにセーブしておけば、作品を大きく方向修正したいときにも便利です。
Load(読み込み)
保存したデータやテンプレートを読み込みます。読み込む前のデータは消えてしまうので注意してください。
Get Adobe Flash player